ホーム > 製品情報 > 凸版間欠輪転ラベル印刷機 LR3

製品情報

LR3 機能をさらに高めたインテリジェントマシン。美しさの中にパワーを秘めて、進化の頂点に立つ。

High Performance State-of-the-Art Printing Technology

LR3、その比類無き高性能がラベルシーンを革新します。
凸版間欠輪転機の頂点を目指すLR3は卓越した先進技術でハイパフォーマンス及び高度な操作性を実現しています。

特徴

タッチパネルコントローラー(スライド機構)

メインコントローラーに、主だった設定・調整項目を集約。
タッチパネルより一元管理で操作が可能となり、作業効率を飛躍的に向上させます。

バキューム装置

バキュームで原紙を戻す事により、紙面の擦り傷や紙粉の発生を大幅に低減しました。

ニヤポジション機能

ニヤポジションボタンを押すだけで全てのユニットを、最適なポジションまで自動的に移動させ、見当調整に要する時間を大幅に短縮しました。

見当調整

機外で版刷り器を使って容易且つ正確に版がセット出来ます。
また印刷運転中に、ユニット自体を捩る事により、版歪みの微調整が可能であり、天地、流れ方向の調整機能と併せて使用する事で、見当調整に要するヤレ紙の削減に貢献します。

セクショナルドライブ(シャフトレス)

各ユニットを個々ノサーボモーターで駆動させる事により、 高速運転での比類のない見当精度を実現しました。

オプションユニット

ロータリーダイカットユニット(マグネットシリンダー)

マグネットシリンダーにフレキシブルダイを取り付けて抜き加工が可能です。ムラ取りの必要も無く簡単にセッティング可能。

フレキソユニット

インキの盛り量、平滑度の点で優れているフレキソ印刷ユニットを何色目にでも組み込み可能です。隠蔽性が必要とされる白色印刷やニスコーティングに最適です。

間欠ラミネートユニット

間欠ラミネート装置をインラインにする事により、印刷と同時にラミネート処理を行う事が可能です。

裏面印刷/糊殺し装置

インライン化にする事により、表印刷と同時に裏面印刷/糊殺しを行う事が出来ます。

蛇行修正装置 / LED UVライト

ページトップへ

製品動画

LR3

LR3紹介動画

設置図面

仕様

LR3 平抜装置Dシリーズ
D-250 HD-250
色       数 2〜9色
機械速度 30〜300rpm(50m/min) 30〜300rpm 30〜300rpm
原   反   巾 50〜270mm 50〜270mm 50〜270mm
最大印刷寸法 250×200mm
最大ダイカット寸法 250×200mm(オプション) 250×200mm 250×200mm
最大箔押寸法 250×200mm
送   り   量 50〜200mm 50〜200mm 50〜200mm
最 大 原 反 径 φ600mm
所要電源 (主要動機)
(5色+ロータリーダイカットユニットの場合)
3相200V 23kw 3相200V 9kw/装置 3相200V 11kw/装置
所要電源 (UV装置) 単相200V 4kw/1色
必要エアー圧 0.6MPa
機械重量
(5色+ロータリーダイカットユニットの場合)
5,500kg 1,400kg 2,800kg

(注)※本機の設計および設備は、常に最新技術の採用、または改良のため、予告なく変更することがあります。 ※上記記載の各数値は、機械技術的に可能な能力を示したもので、〔最大送り量(200mm)で運転可能な速度は240rpmになります。最高速度(300rpm)で運転可能な送り量は125mmになります。〕各種寸法、速度等はデザイン、送り量、用紙の種類によって異なります。

ページトップへ


個人情報保護方針サイトマップ

Copyright (C) 2011 Iwasaki Tekko co.,ltd. All Rights Reserved.